転職タイムマネージメント


転職成功のコツ教えます

    転職で重要なことは、給料待遇の確認は、もちろんですが、職場の雰囲気、将来性なども、できる範囲で確認した方が良いと思います。
    しかしとは言ってもそれを確認する事は、至難の業です。

    インターネットの口コミは、大手ばかりですし社会情勢をみてその業界が、現在どういった状況にあるのか株式公開していれば株価を確認するなどは、可能ですが激動の時代に未来を予測することは、難しいと思います。
    雇われる方も雇う側もある意味、賭けなのではないでしょうか。

    せめて、ソーシャルネットワーク等を通じて希望する業界、企業の情報は得たいものです。
    また、良く耳にする事は、180度違う業種は、選ぶなという事。
    しかしこれは、現在の年齢で左右されると思います。
    転職を考える場合ほとんどが、いまの業界が嫌になって新しい世界へ移りたいと言うのが
    理由にではないでしょうか。
    若ければ、色々な業界を経験する事も必要です。
    重要な事は、めでたく就職が決定してもその企業にあまり過多な期待をせずに
    フレキシブルな態度で何が起こっても良い覚悟をもって勤める事ではないでしょうか。
    また、新しい業界、会社組織の中で自分の勤めやすい状況を構築する努力は、不可欠と考えます。

    また転職期間をしっかり決め転職のタイムスケジュールつまり時間の管理はしっかりと行いましょう。いつまでもずるずるしていると、転職の思わぬ落とし穴に陥ることがあります。

    転職を上手に行うには

    転職をしたかったら、まずは人とは異なった魅力を自分につけることが大切です。PRの仕方なども大切なことではありますが、そもそもPRできるものがなければ話になりません。まずは、自分磨きをちゃんとするようにしましょう。 自分に明確なスキルや資格、経験があるのであれば、転職は難しくありません。より良い待遇条件を求めて、色々な企業にあってみましょう。ポイントは、相手に選ばれるようにするのではなく、企業を選ぶという意識を持つことです。自分の要望やキャリアビジョンにこだわりがあるなら、それを曲げるべきではありません。 成功するかどうかは、内定を取れるかどうかではないのです。より良い待遇になったかどうかが大切です。ただし、待遇とは給与だけではなく、良い経験が積めるとか、特別なスキルがつくというメリットでも構いません。給与や処遇だけに捉われず、総合的に判断するようにすると良いでしょう。 企業との相性も問題になります。直感的に馴染み易いと思える上司や面接官がいるかどうも重要です。数字やデータには表れないものですが、社風や従業員のカラーは居心地の良さに直結しますから、それなりに重要視するようにしたほうがいいものです。

    転職後の新人研修

    新入社員研修は、業界のスキルが無い中途採用者にも実施されることがあります。大手の会社では職種にもよりますが最初の3ヶ月程度行うところが大半になります。ここで、ほとんどの方が始めて給料をもらいながら勉強することになります。また、新入社員ということもありもっとも仕事に対して積極的な時代な人がほとんどといえるでしょう。つまり、学生時代も勉強をすることはありますがそれはあくまでもお金を払ってすることになります。しかし、お金をもらいながら勉強をするということで学生時代と違いかなりしっかりと身につけなくてはならないと思う人が多いでしょう。   さて、新入社員研修の目的はもちろん社会人としての勉強が第一となりますが、それ以外にも目的があります。それが仲間意識と思い出作りといえます。大手になれば大手になるほど長く社員に勤めてもらいたいと考えるところが多くなります。最初の教育もしっかりしているのでその分他社にとられるのは当然のごとく大きなマイナス要素になります。 そこで新入社員研修で新入社員同士が仲間意識を持つことによってよくも悪くも切磋琢磨していける環境を作成するというのも目的の一つとなります。 実際に、新入社員研修で同じになったメンバーは仕事を転職した後の付き合いも続くことが多いです。そのときにこの新入社員研修時代の思い出は必ず語られることになります。   新入社員研修というと、各社様々な趣向を凝らします。テレビで話題になるのは変わったものばかりですが、無人島に行かされたり、自衛隊に入隊させられたり、なんとなく意図するところは分かるものの、すこしテレビの規格に影響され過ぎな気もします。私自身が、新入社員研修としていいと思ったのは、外部委託でお願いできるアービンジャーという研修会社の研修です。こちらは、『新入社員研修のお勧めランキング』というサイトでも1位だった会社ですが、その研修内容とは、トークスキルや営業テクニックを講習するのではなく、ビジネスや人間関係の根幹となる、コミュニケーションを円滑にする考え方を講習してくれます。どんな業界であっても、良好な人間関係を築くことで、より仕事をしやすい職場環境が生まれ、その結果、業務効率や業績の向上が期待できます。内容に興味がおありの方は本も出ているので探してその内容に触れてみるといいでしょう。

    転職重要項

    昨今の転職事情は、変化してきています。どのように変化してきているのかといいますと、やはり自分のやりたい仕事や様々な理由から他の業種に移動したいという人達は少なくありません。そして、そのために転職を希望するという選択肢を選ぶ人が増えています。 しかし、これは簡単なことではなく何を重視してどこをしっかり次の希望する会社に伝えるか等のポイントをきちんと抑える必要があります。 まず、転職で重視する点の一つ目は、自分の理由です。これは、理由がじぶんのスキルアップを図りたい、もっと収入を増やしたい、自分に合った仕事に就きたいなどの理由を明確にすることです。これを自分で把握しないといざ仕事を探した時に自分は何を求めて仕事を探しているのだろうかというように目的を見失わないようにするという意味もあります。 次に、仕事を探す前に自分のスキルアップを図りたい、違う分野の仕事に就きたいというのであればそのために必要な資格を取得したり、自分で事前勉強することをなるべく早めに始めることです。これは、当たり前のことのように聞こえますが、準備は先を見据えて早めの行動を心掛けることで自分の求めている仕事に就くこと出来るようになる期間を少しでも早めることが出来ます。


    • 医療人の声

    • 私は麻酔科で仕事をしています。一般の方からするとどういう仕事をするのかいまいちわからないかもしれません。麻酔科の診療内容は、一般的に施行されるすべての手術(入院患者の手術や通院患者の手術)と苦痛と危険が伴うさまざまな検査を円滑かつ安全に実施することができるように患者を観察し、それに合った麻酔を実行して、早期に回復する助けを与えて、手術患者の術後の痛みの管理、分娩室で無痛分娩も行っています。

      麻酔科のすべての医師は、患者の管理において、麻酔科の特性上、患者の安全を何よりも優先的に考えて、医師たち皆がお互いに協力し、手術前の患者評価と麻酔計画に万全を期しており、手術の前後に現れるすべてのリスクから患者の生命を安全に保護するために先進的な麻酔機器と安全監視装置に最適な麻酔サービスを提供しています。

      麻酔科医は手術室の管理だけでなく、集中治療室の患者の呼吸と痛みの管理、緊急治療室の患者の心、肺蘇生も受け持っています。最近では、ペインクリニックを運営しながら、鎮痛消炎剤や理学療法で治らない慢性の痛みを直しています。痛みは、外部からの刺激が一定の強度を超えて体に害が出来そうな時に鳴る一種のサイレンだが、このサイレンが故障して警報状態が解除されたのにずっと鳴るのが慢性的な痛みです。ペインクリニックでは、麻酔薬の濃度と量を調節しながら、神経の周囲に注射して神経をなだめ、炎症を和らげ、痛みを軽減します。みなさんから痛みを和らげ治療に集中してもらえるよう今後も頑張っていくつもりですが、この仕事に誇りを感じています。

      <麻酔科医関連情報>

      麻酔を行うために必要な資格については、実は麻酔の免許成るものはありません。国家試験に合格した医師(歯科医師含む)であること以外には規定されていないため、専門外の他科の医師が麻酔を行っても罰せられることはありません。結果としてこれまでは非常勤の麻酔科医を中心にチーム編成がされていましたが、他科の医師の負担軽減の目的も含め、現在は専門の麻酔科医を置く病院が増えてきています。
      麻酔科医の採用状況については、下記のページにアクセスするといいでしょう。>>麻酔科医師求人について

    • 介護業界の声

    • 介護の仕事をやっていて良かったこととと言えば、やはりおじいちゃんおばあちゃんとの「ふれあい」ですね。給料が安い・きつい・汚いの「3K」の職場として、よくあげられることが多いのですが、それでもこの職業を生き甲斐としている人はいるのです。魅力がなければ続けられません。人と関われる職業につきたいと思い、介護職に転職した人は結構多いのです。先にもあげたように、人との「ふれあい」はなにものにも変え難いものがあります。デスクの上の書類を片付けているだけでは、それらの「ふれあい」による感動は生まれません。自分の労働に対して、賃金が発生して、賃金をもらっているからこそ行っている行為もあるのに、利用者の方に感謝される。実はこのことは、ものすごく恐縮してしまうほどのことですよね。利用者のみなさんにとっては、サービスを受けることは当然の権利なのですから、それにも関わらず自分たちの行為について「ありがとう」と言ってくださる。この「ありがとう」という言葉が発せられる、おじいちゃんおばあちゃんたちの気持ちには毎回、こちらが深く感謝したくなります。辛いこともありますが、しかし、利用者さんたちの笑顔をみる度に、まだまだやっていける。そう思うのです。

      <介護お勧めの資格 介護職員初任者研修(ヘルパー2級>

      介護職員初任者研修における、カリキュラムの差異と費用についてどれぐらい違うものなのか、これは気になるところです。介護職員初任者研修は、平成25年度から本年度からヘルパー2級に変わりできた制度です。大きな変更点としては、試験制度の導入など難しくなりつつあります。介護員養成研修の取扱細則について根拠法令というのがあり、この中で、研修カリキュラムも定義がなされています。この文書通知を基に、都道府県実施要綱を定め、事業者を指定しているため、スクールによってカリキュラムが大幅に違っていたりは、無いと言えます。今回、介護職員初任者研修について『女性のための介護職員初任者研修ガイド』を参考にしましたが、基本的なことはこちらに詳しく記載されてますので参考にして下さい。

    • メーカー人の声

    • 某自動車メーカーで仕事をしています。
      排気系全般の部品設計を担当し、気がつけば10年以上の歳月がたちました。
      これまで、仕事をしてきて良かったと思う事は、
      やはり、自ら設計した部品が、新車に折り込まれ、世界中のお客様に使って頂けていると言う事です。
      排気系の部品は、プラットフォームの下に隠れ、直接お客様が触れるような部品ではないのですが、
      最初に製品化された時には、とても感動しました。
      自動車雑誌などの紹介ページを見つけて、嬉しくなりました。
      一方、CADの中で、日々見慣れていた部品が雑誌で紹介されていたりすると、
      不思議な気持ちになった事を、今でも覚えています。
      そして、今度は、もっと良い物を設計しなければならないなと思ったりもしました。
      また、モーターショーなどの部品展示においても、
      エンジンの影に隠れてはいましたが、展示させて頂いた事があり、
      その時、お客様から、気持ち良いサウンドだね。頑張ってね。と励ましの言葉を頂き、
      頑張ってきて良かったなと思う事もありました。
      設計業務では、お客様の顔を見る機会が少ないのですが、
      製品を使って頂けている、お客様の顔や意見を拝見する事ができ、とても良い経験だったと思っています。
      設計業務は、性能目標を満足したり、周辺部品とのレイアウト制約など、
      課題も多く、日々、ストレスもありますが、このストレスが多いほど、
      製品化された時の喜びが大きくなると感じています。
      私は、この製品化された時の喜びを感じる事ができた事が、
      これまで、メーカーで設計業務をしてきて良かったと思う事です。



↑ページトップへ戻る